【座敷童か?】大学時代の友達の両親が登場した夢のはなし

みた夢の話

いや~暑い。

2018年の夏はめちゃめちゃ暑いです。

うちのあたりは普段は涼しいところで、夏でも寝るときに扇風機をかけることは3日くらいしかありません。

去年は7月中に5回ほど扇風機をつけて寝たんですが、8月になってからは涼しくなりました。

今年は7月中にすでに8日。

去年を超えてますし、まだまだ8月もあるのでどうなるかわかりませんね。

はっきりいって暑すぎて眠れません。

寝不足の中、さすがに寝なければ身体がついていかなくなったのか、暑いながらもやっと長めに眠ることができたという感じですかね。

そんななかで見た夢です。

スポンサーリンク

謎の座敷童と友達の両親が登場する夢

2018/07/26にみた夢友達の家に来ていた。
一人暮らししている友達の家だ。

一人暮らしなのだが家は広い。
田舎の一軒家のような感じだ。

友達の名前はⅯ賀。大学時代の友達だ。
ほかにも4人くらい仲間が集まっていた。

さらには、Ⅿ賀の両親が実家から来ていた。
それに親戚もきているようだ。

こんな日に私達が訪れてしまったのは場違いな気がしてならない。
しかし居心地が悪いという気もしない。

コタツのようなローテーブルをはさんで、こちら側はⅯ賀と俺達が畳の上に座り、向かい側にはⅯ賀の両親が座っていた。

私達に近いところで、親戚の女の子なのかパソコンをいじっていた。
小学生くらいの女の子だ。

なにかをプリントアウトしてこちらに見せてきた。
そしてその娘はまたパソコン作業に戻っていった。

なにが書かれてあったのか覚えてはいないが、なかなか良くできたものだった。
絵ではなく文章だ。

読み終えた頃にまた1枚渡してきた。
作業が速いなと思った。

女の子を見るとドヤ顔をしていた。
なんだかほっこりした気分になった。

Ⅿ賀の両親が私達を気遣って、飲み物や食べ物を出してくれた。
こちらからはなにもできなくて申し訳なく思った。

そういえば、私はⅯ賀の実家に遊びに行ったことがあったことを思い出した。
栃木県の佐野市だ。

こんなことを今まで忘れていたのだが、ということはⅯ賀の両親とは面識があるということだ。

そういえば覚えている顔と似ている。
なぜ今まで気が付かなかったのだろうか?

Ⅿ賀の両親は私のことを覚えているだろうか?
最初から覚えていたのなら、今からその話題にふれるのは少し失礼だろうか?

まごまごしているうちに目が覚めてしまいました。

朝に近かったと思いますが、何時だったかは覚えていません。

そのあとまた寝ました。

友達の名前は結構変わった苗字なのと、実家の地名まで出してしまっているのでイニシャルにしています。

とはいえ自分がわからないとダメなので、半分隠しです(笑)。

友達の実家

Ⅿ賀の実家には実際に遊びに行ったことがあります。

大学二年のときの夏休みに、那須で住み込みのリゾートバイトしたことがあるんですよ。

そのとき途中にある栃木県佐野市のⅯ賀の実家に1泊させていただきました。

おかげで楽ができました。相模原市から一気に那須まで行くのはしんどいし不安ですからね。

Ⅿ賀の実家は造園業のような感じらしく、庭が広かったです。

売り物の木が植えてますからね。そりゃ広いです。

ただ、横は狭く縦に長くって感じの庭で、とにかく奥行きが広かったです。

そのほうが車が入りやすいし、作業しやすいんでしょうね。

どのくらいあったか覚えてませんが、まぁ100m近かったんじゃないかな?

普通に散歩している気分になりましたよ。木々が植えてありますし。

夢での場所はⅯ賀の家となっていますが、一人暮らしにしては広すぎます。

いっそのことⅯ賀の実家という設定でよかったのではないかと??

実際にⅯ賀が大学時代に住んでた部屋は6畳ワンルームで普通なんですが、なぜかすごい圧迫感がありました。

みんな友達がⅯ賀の部屋はザリガニ小屋みたいって言ってましたから(笑)。

夢に出てきた友達の両親

本当にお世話になりました。感謝しています。

今でも楽しかったいい想い出です。

今回、夢の中に出てくるとは思いませんでしたが、普通にあのときのことを思い出すことはあります。

あやふやですが、お母さんのほうは夢の中で感じたように似ていたんじゃないかなと思います。

あと、おばあさんとお姉さんがいましたね。

おばあさんにはⅯ賀と一緒にいるときにコッソリとお小遣いをいただきました。

Ⅿ賀と一緒だったしわざわざコッソリ渡されているので、他の家族の人たちにも聞こえてしまうような声で断るのもなんだかなぁ〜と思って受け取ってしまったのですが、あとで封筒を開けてみるとなんと中身は1万円。

リゾートバイトに向かう途中なのに、日給よりもらってしまってるじゃないか…。

いや中身は3千円とかで、どっか外で楽しく観光でもしてきなさいっていう感じかと思って受け取ってしまいました。

3千円にしても御厄介になる身としては申し訳ないのですが。。。

まぁこのエピソードもこうやってブログに書けてよかったかなと思います。

肩の荷が降りたような気持ちもありますし、私にとっては40歳過ぎまで記憶に残る思い出だったのでしょう。

その他、もしかして座敷童?

夢に出てきた他の友達については、誰だったのか覚えていません。

でも大学時代の友達だろうと思います。というか夢の中の私も大学生くらいでしたね。

謎の女の子は気になりますが、、、これは謎です。

もしかして…座敷童なのかも?

コメント